気密検査「C値」

MENU

気密検査「C値」

TEL

CONTACT

MAP

Instagram

気密検査「C値」

LINXでは、断熱工事完了後に気密検査を実施しております。
私たちは当たり前と思っておりますが、一般的な住宅では行わない検査なので簡単にご説明致します。

気密検査「C値」

「C値」とは、家の延床面積に対する「隙間面積」の割合を示す数値で、床面積1㎡当たりどれ位(何㎡)の隙間が有るかを表現した数値です。
この値がゼロに近いほど隙間が少なく、気密性が高いことを意味します。

気密住宅とは
住宅の屋根、壁、窓、床などの面にある隙間が少なく、気密がしっかりととられている事を、「住宅の気密化」といいます。 経済産業省と国土交通省は、地域ごとに「次世代エネルギー基準」を設定し、住宅の気密性能の基準値を設けています。この基準値を満たした住宅を「気密住宅」と呼びます。 住宅の気密化は大変重要で、気密を疎かにした住宅は様々な悪影響を及ぼします。住宅にはしっかりとした気密化が必要です。

住宅の気密化の必要性とメリット
①冷暖房熱費の削減 隙間から室内の快適な空気が外部に逃げるのを防ぐ為、短時間のエアコン稼動で、暖かい部屋は暖かいまま、冷房された部屋は涼しいままの状態が長く持続します。エネルギーの垂れ流しを防ぎます。
②外気の進入を防ぐ 梅雨時の湿度の高い空気や、真冬の過剰乾燥した空気、真夏の熱風などの不快な空気の進入を防ぎ、カビやウィルスの繁殖を防ぎ快適な室内を保ちます。
③結露の防止 室内の温度が外気温の影響を受けにくいので、室内だけでなく壁内の結露も抑制します。
④計画換気の確立 汚れた空気の「排出口」と新鮮な空気の「取入口」以外の余計な隙間があると換気経路が乱れ、汚れた空気が排出しにくくなってしまいます。計画換気はしっかりと気密化された住宅でなければ効率良く行う事ができないのです。

気密検査「C値」

地域による気密住宅の相当隙間面積の基準値では、
福岡県では「C値」5㎠/㎡ですが今回の住宅は0.2㎠/㎡です。
因みに、床1㎡当り「C値」5㎠の隙間があるということは、45坪、150㎡の住宅で、19㎝角の大きな穴が2つ開いていてもいいということなのです。誰が考えても19㎝角の穴が2つ開いていると、スースーして暖かく無い家だということが分かります。

気密検査「C値」

LINXでは気密性能が高いほどメリットが大きいと思っております。
完成してしまえば見えにくい部分ではありますが、住んでから確実に喜んで頂けると思っております。

上田

TEL

CONTACT

MAP

Instagram

CONTACT
Instagram

To top