多様化する和室の在り方

MENU

多様化する和室の在り方

TEL

CONTACT

MAP

Instagram

多様化する和室の在り方

多様化する和室の在り方

 

昔はどの家にも必ずあった和室。現在は和室を作らないおうちも増え、和室の在り方も多様化してきました。今回は施工事例を交えながら、LINXでの和室提案についてご紹介をいたします。

 

床を畳にするだけでOK

 

木目をたっぷり使ったナチュラルなおうちは、畳や白木調の和の素材とも親和性が高く、和室を取り入れたコーディネートが容易です。一方で全体のカラーをモノトーンで抑えたスタイリッシュな雰囲気のおうちの場合、どのように和室をコーディネートすればよいのでしょうか。

多様化する和室の在り方

 

和室といっても、床の間や障子・欄間(らんま)、襖(ふすま)があるような本格的な書院造のような和室ではなく、洋風の部屋に畳を敷く「和風テイストの部屋」がとても増えています。

建具やクロスは他のお部屋と同じような雰囲気のまま、床を畳に変えるだけで和室らしくなります。独立した部屋であれば、和紙調のデザインのブラインドやクロスを和風のものでコーディネートすると、より和の雰囲気が演出できます。

 

小上がりの畳コーナーで、より和室をカジュアルに

 

小上がりの畳コーナーを設置するのもオススメです。和室を作るほどでもないけど、ちょっと落ち着けるスペースが欲しいという方にはぴったりです。畳のカラーはとても豊富なので、インテリアテイストに合った畳を選べば、洋室と同じ空間に設置しても違和感なく、おしゃれに仕上がります。

多様化する和室の在り方

 

独立した和室を作らずとも、畳を用いるだけで和風の空間づくりが可能となります。畳は形状やカラー、建具の選び方次第で、どんなインテリアテイストにも合う万能な素材です。あなたのお好みの雰囲気に合わせて、自由にコーディネートできるので楽しんで選んでみてくださいね。

TEL

CONTACT

MAP

Instagram

CONTACT
Instagram

To top